SONGWON

SONGWON Industrial Group、2020 年度の堅調な業績を発表

  • 2020 年度の総売上高:8,077 6,800 KRW
  • 2020 年度の純利益:283 6,500 KRW
  • 2020 年度の売上総利益率:20.3% を維持

ウルサン・韓国 2021 March 03 SONGWON Industrial Group (www.songwon.com) は本日、2020 年度の決算を発表しました。2020 年第 4 四半期、売上が持ち直し、前年同期比で 3.4% 増の 2,038 億 4,300万 KRW (2020 年 12 月 31 日) で着地し、年度を締めくくりました。2020 年度連結総売上は前年度 (8,143 億 4,000万 KRW) をわずかに下回る 0.8% 減で 8,077億 6,800万 KRW となりました。

2020 年 12 月に実施された年次減損テストの結果明らかとなった - 68 億 8,900 万 KRW の減損損失はその他の経常費用として連結包括利益計算書に計上されました。また、純利益は 283 億 6,500 万 KRW (2019 年度:350 億 800 万 KRW) となりました。親会社である Songwon Industrial Co., Ltd. において 2019 年から 2020 年にかけて実施された 2015 年~ 2017 年を対象とした韓国国税庁による税務監査の結果が純利益のマイナス要因となりました。最終課税通知書に基づき法人所得税費用として親会社によって計上された金額は -105 億 KRW で、この金額は課税取引に係り算入できる繰延税金引当金の戻入益により一部相殺されました。結果、影響額は -46 億 KRW となりました。Songwon Industrial Co., Ltd. は、不測の事態に備える万全の計画に則り、税額の査定に対し不服申し立ての手続きを開始しました。また、韓国とスイス間の相互協議も開始しました。

第 4 四半期

12 月までの累計

単位は百万 KRW

2020

2019

∆%

2020

2019

∆%

売上

203,843

197,068

3.4%

807,768

814,340

-0.8%

売上総利益

40,041

33,900

18.1%

163,973

166,473

-1.5%

売上総利益率

19.6%

17.2%

20.3%

20.4%

営業利益

17,955

8,217

118.5%

68,010

59,292

14.7%

EBITDA

26,802

16,711

60.4%

102,851

95,293

7.9%

EBITDA (%)

13.1%

8.5%

12.7%

11.7%

EBIT

11,536

7,739

49.1%

61,825

58,756

5.2%

EBIT (%)

5.7%

3.9%

7.7%

7.2%

当期純利益

3,015

6,103

-50.6%

28,365

35,008

-19.0%

SONGWON は、順調に 2020 年度のスタートを切り、新型コロナウイルス感染症の発生後の先行き不透明な状況と予定されている製品の供給停止の可能性への懸念、さらにはそれに伴う在庫の積み直しにより、第 1 四半期には安定した成長と増収を達成しました。2020 年第 1 四半期の売上は増加し、前年同期比でインダストリアルケミカルズ部門は 10.7% 増、パフォーマンスケミカルズ部門は 10.1% 増の売上を記録しました。感染が急速に拡大してからは、多くの業界にマイナスの影響が及びました。SONGWON も例外ではなく、2020 年第 2 四半期および下半期には需要が落ち込みに見舞われました。しかしながら、第 4 四半期には持ち直し傾向が見られました。

不安定な世界情勢の煽りを受け、インダストリアルケミカルズ部門は前年比で 3.3% 減の減収となりました。原料価格の低下に起因する価格計算式による値下げが同部門にマイナスに影響したものの、生産、供給、ロジスティクス能力が不足する可能性に対し顧客が緩和策を取ったことにより販売量が増加したため、値下げによるマイナスが一部相殺される結果となりました。総じて、インダストリアルケミカルズ部門は市場シェアを維持し、2020 年第 4 四半期にはほぼすべての地域、特にアジア圏において需要が持ち直したことを受け、一部の製品ラインの市場シェアを拡大することができました。

2020 年第 1 四半期、感染症の拡大に伴い、一部の業界や市場にマイナスの影響が及んだものの、パフォーマンスケミカルズ部門の事業全体で景気が回復したことが追い風となり、2020 年度同部門の収益は堅調に推移しました。2020 年 12 月には例外はあったものの特に自動車市場において需要が回復したことが、同部門の業績にプラスに働きました。

これを受け、SONGWON は需要の急増に対応し、パフォーマンスケミカルズ部門が新たな商機から利益を創出することを可能にするため、生産能力を増加しました。しかしながら、2 月に継続計画を実施したにも関わらず、2020 年第 4 四半期に再びロックダウンが発令されたことにより、顧客が再び供給停止について懸念を募らせ、短いリードタイムの予期せぬ需要の急増に見舞われる事態となりました。結果、SONGWON は一部の製品の注文すべてには対応できませんでした。

新型コロナウイルス感染症は依然として拡大しており、新たな変異種への不安も高まっています。またそれに伴い需要を大きく左右する可能性のある厳しい規制が政府によって敷かれている今、今後数ヶ月の見通しを正確に予測することは不可能な状況だと言えます。2020 年度の安定した業績を踏まえ、SONGWON は短期的な見通しとして 2020 年の年度末に見られた傾向が 2021 年も続き、特にアジア圏の顧客からの需要が安定して推移すると考えています。2021 年のスタートを切った SONGWON は引き続き警戒を緩めることなく、顧客の需要と安全在庫の要件を満たすため、工場の稼働率を上げ生産を続けつつ、状況の進展を注意深く見守って参ります。

2020 年度のレポートは、以下のリンクよりダウンロードいただけます。

www.songwon.com/investors/reports-publications

Reader Enquiries

Songwon Industrial Co., Ltd.
Walzmühlestrasse 48
8500 Frauenfeld
Switzerland
+41 52 635 0000
marketing@​songwon.com
www.songwon.com

Notes for Editors

SONGWON Industrial社について

SONGWONは、スペシャルティケミカルズ製品の開発、生産、供給におけるリーディングカンパニーで、当社の製品は皆様の日常生活のいたるところで使われております。1965年の設立以来、カスタマイズしたソリューションの提供を通じてイノベーションを主導し、成長のための業務提携を進め、より持続可能な明日を目指して来ました。

韓国に本社を構えるSONGWONは、世界第二位のポリマー添加剤メーカーです。世界各国にグループ会社とワールドクラスの製造工場を展開し、60を超える国のお客様に向け、それぞれお客様のニーズを満たす高品質の製品と、最高水準のサービスを提供するよう取り組んでおります。

詳細はこちら。www.songwon.com

Editorial enquiries

Christine Hug
Corporate Communications Manager
Songwon Industrial Co., Ltd.

+41 52 635 0000
marketing@​songwon.com

Rita Verschuuren
Marketing Solutions NV

+32 33 13 03 11
rverschuuren@​marketing-solutions.com

 

Also available in

 

Share

 

More news from