SONGWON

Songwon、自社のサステナビリティに関する取り組みを引き続き強化

ウルサン・韓国 2019 12 17 Songwon Industrial Co., Ltd. (www.songwon.com) は本日、省エネとエネルギーの効率化の両方に関連する自社のサステナビリティに関する取り組みが、確実な成果をもたらしていることを発表し、環境に対する取り組みを強調しました。

SONGWON のスペシャルティケミカル製品の製造拠点である、インドのグジャラートにあるパノリ工場では、エネルギー効率と省エネが行動計画の最優先事項に設定されています。オペレーションリーダー、ビョンス・ブーは次のようにコメントしています。「パノリ工場のスタッフは、排出ガスを大幅に削減するとともに、コスト削減のための省エネと天然ガスの節約に効果的な取り組みに力を入れています。」

さらに、SONGWON がパノリ工場の蒸気ボイラの燃料を天然ガスから農業廃棄物への切り替えを始めたことも明らかにしました。この切り替えによって、枯渇性エネルギーから再生可能エネルギーへの移行が成功し、大幅な省エネと有害な排出ガスの削減への貢献につながることが期待されます。

尚、韓国ウルサンにある最先端製造施設では、メタルハライドランプを LED に切り替える取り組みが行われています。これはすでに実質的なメリットにつながっています。メタルハライドランプに必要なエネルギーの約 10 %のエネルギーしか使用しない LED ライトは、エネルギー効率に優れているだけでなく、耐用年数もはるかに長いため、同施設は省エネと総コストの削減に成功しています。さらに、放出される熱が少ないため、LED はオペレーターにとってもはるかに安全なソリューションです。今後 4 年間に、SONGWON は LED への切り替えにより、年間 1,884 トンの二酸化炭素 (CO2) の削減と 425 MW の省エネを見込んでいます。また、アメリカ、ヒューストンにある Songwon International – Americas Inc. は、オフィスのエネルギー源をすべて再生可能エネルギーに移行しており、事業活動での電気使用量の 100% を第三者によって検証されたグリーン電力証書を用いてオフセットしています。

SONGWON のチーフ・サステナビリティ・オフィサーを務めるオリビエ・カイザーは、次のようにコメントしています。「当社のすべての事業活動を可能な限り環境的かつ経済的に持続可能なものにするために尽力することは、当社のサステナビリティに関する戦略の根幹のひとつです。これに従い、プロセスを最適化し、より調達を効率化し、資源を使用して SONGWON が環境に与える影響を軽減することを目指し、当社は継続的に社内に目を向けています。これらは最近成果が得られた当社の取り組みの一部です。」

Reader Enquiries

Songwon Industrial Co., Ltd.
Walzmühlestrasse 48
8500 Frauenfeld
Switzerland
+41 52 635 0000
marketing@​songwon.com
www.songwon.com

Notes for Editors

SONGWON Industrial社について

1965年に設立されたソンウォンは、韓国・蔚山(ウルサン)に本社を構える、添加剤および特殊化学製品の開発、生産、供給におけるリーディングカンパニーです。世界第二位のポリマー安定剤メーカーであるソンウォン・インダストリアル・グループは世界各国にグループ会社を展開し、世界的な事業基盤と容易にアクセス可能な各地域における事業組織の双方を保有するメリットをお客様に提供します。ソンウォンの専門チームは顧客との密接な連携によって、個々の要件を満たすテーラーメイドのソリューションを開発しています。

詳細については、ウェブサイトをご参照ください。www.songwon.com

Related images

 

Editorial enquiries

Giulia Boratto
SONGWON Industrial Group

+41 52 635 0000
marketing@​songwon.com

Kevin Noels
Marketing Solutions NV

+32 3 31 30 311
knoels@​marketing-solutions.com

 

Also available in

 

Share

 

More news from